連れの付き合いで

連れの付き合いで

愛する彼氏・旦那のカバンからキャバクラの名刺が出てきた時、女性は少なからず
こう思うのではないでしょうか。

「え、なんでキャバクラに行ったの!?」

例えそれが男友達だったとしても、『キャバクラへ行った』という事実だけで
「こいつ女好きなんだな…」「女に金を貢いでるのかな…」なんて思わないでください!!!
どうしても、男にはキャバクラに行かないといけない時があります。

「会社の飲み会の流れで、上司が率先して」
「友達同士の二次会で、そういう流れになって」
断りづらいタイミング、どうしてもこの世の中には存在するのです…。

***

来店の理由

キャバクラにきた理由として意外と多いのが

キャバ嬢が「今日はどうして来てくれたの?」と質問すると、意外と多いのが
「流れでそうなって」という答え。
自分から行こう!とは思わないけど、周りの行きたいという流れに逆らわずに遊びに来る人は
結構多いんです!!

「自分からは行こうと思わない」という男性の場合、ほとんどが次回の来店はなし!
お金がもったいない、女の子なら友達にいっぱいいる…など理由はさまざまだけど、
『キャバくらいに行く=通っている』というわけではないんです。
たった1回しか行ったことがない男性だってたくさんいます…!

「興味はないけど、友達が行きたいって言ってたからオーガニックカフェに来たヨ☆★」みたいな感覚です。本当です。誤解するのだけは勘弁していただきたい…!!

確かに誘われたことをきっかけに『キャバクラ通い』へ目覚める人もいます。
ですが、それ以上に付き合いでしか行ったことがないという男性も多く存在するんです…!

***

自らの意志でキャバクラに行ったとは限らない

という現状を踏まえ、例え彼氏や旦那さんのカバンから「キャバ嬢の名刺」がヒラリ…と
落ちてきても、決してすぐには責めないでください…。
もしかしたら「断れない事情」があったかも…。
イヤだったのに「連れて行かれて」しまっているかも…。

そんな事情があるかもしれないことを念頭に、さり気なく「キャバクラ行ったの?」と
聞くぐらいに留めておいていただきたい…。
パートナーのことが大好きで後ろめたさがなければ「あぁ~、そういえば行ったね~」ぐらいの軽い返事が返ってくると思いますよ☆

浮気でもなんでもない『ただの付き合い』としてのキャバクラ遊びくらいであれば、できれば
大目に見てほしいというのが男性の切実な本音です!!!!

ただし、そこでもし誤魔化すようなことがあれば…
それは『キャバクラに目覚めてしまった』可能性がありますが…。